FC2ブログ
FF11をメインに、色々書く予定

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に安いの?
 10/24から始まったMNP(番号ポータビリティ)制度。
 ネットで見る限り、ソフトバンクが意外と検討しているみたいですね。
 通話0円とかメール0円と、それだけを聞けば「凄いな」って思います・・・が、本当に安いか?というと、私は正直なところ割高になる気がしてならない。

 私が気になる点は・・・・

つづきを表示
スポンサーサイト

携帯ソフト改修
 G'zOne W42CAとW42Hで特定の文字を含むメールを送信したり、また受信した場合に電源リセットがかかる件が、店頭で修理受付をしていたのがソフトの改修を行ったようです。
 「%n」や「%S」と言った、普段のメールでは使う事の無い文字だから影響が無いと私は思っていました。
 店に修理依頼をして一週間ちかく手元に無いのもどうかと言うのが、放置の方向にした理由。
 しかし、意外と問い合わせが多かったらしく、ソフトの改修に踏み切ったらしい。
 で、早速ダウンロード。
 接続して、ソフトをダウンロードし、内部で勝手にバージョンアップが走りソフト改修が完了・・・したっぽい。
 時間にして3、4分くらい。
 初めて、オンラインのバージョンアップを使ったけど便利ですね。
 いちいち店頭に持ち込んで、何日か預ける修理よりはるかに手軽に出来る。
 とは言え、最初から完成されていれば問題ないんだろうけどね。

auの記事

でたでた
続々と、携帯各社が夏のモデルを発表している中、現在使用しているauがようやく夏モデル7種類を発表。
その中で、やはり目を引いたのは「G'zOne W42CA」でした。
去年夏に、CDMA版で「G'zOne TYPE-R」として販売され、WIN版が無いのを惜しんだ記憶が。
今回は、WIN対応で出てきたので物欲指数が上昇。
しかし、「まてよ」とカタログを見てみる。
現在使用しているのは、去年春に購入したW21CA。
まず、画面サイズは2.6インチ(W21CA)から、2.4インチ(W42CA)にダウンだが、実物を見ないと正直なんともいえないが、それ程気になるポイントでは無いと思う。
次に、重さ。143g(W21CA)から、155g(W42CA)に増量・・・う~ん、今使っているのより重くなるのか。
サイズも気になる所。約51×103×27mm(W21CA)から、約53×117×29mm(W42CA)になるから、気持ち大きくなるのか・・・
画面が小さくなって、ひとまわり大きさも重さも増すのか。
ただ、今の携帯には無い電子コンパスがつくのと、バイクに乗ったりするから防水機能があるのは嬉しい所だな・・・と、現在葛藤中。
早く決断しないと、品切れしそうだな。

何のための携帯か
Yahooのニュースに、こんな記事がありました。
何のための携帯か――親と子どもの埋めがたいギャップ
詳細は、元記事を読んでいただくとして、感じたこととして親は子供の連絡をする為に持た、悪く言えば子供を拘束するための道具としての感覚に対し、持った子供からすれば親に知られない外部との友達と繋がるツール、束縛から逃れる道具。と言うことになるようです。
このギャップは大きいなと思います。
たしかに、携帯がない時代は友達と電話で話す場合は、本人以外が電話に出る事もあったので誰と話しているか、誰と今交流があるのか知ることが出来たのに対し、携帯は直接本人に繋がる為に自分の子供が誰と話を、どんな人と交流があるのかを親は知りえないと言う状況になっています。
また、携帯の進化に伴いインターネットとの接続が可能になり、出会い系サイトなどでとんでもない事件に巻き込まれたり、有料サイトから高額な請求をされたりと本人が責任を負える範囲を大きく逸脱してしまう可能性も出てきたと書かれています。
そういう負の面をもっている事を理解せずに買い与える親がいると言うことです。
知っていても「自分(自分の子供)は大丈夫」と言う感覚なのかもしれません。
急速に普及した、携帯という道具に対し子供たちがどう接していくかと言う倫理的な整備が追いついていないと言うのが現状のようです。
この記事で、目から鱗だったのは携帯や、インターネットの進化が「ひきこもり」などの心の病気を生んだように言われるが、ひきこもりの子供たちがインターネットや携帯を最後の手段として、それに頼って外の世界とかろうじてつながっていることも少なくない、角度を変えるとそういう捕らえ方が出来ると言う事でした。
記事内にもありましたが、いまさら子供たちに普及した携帯を取り上げると言うことは不可能なこと、ならばその道具をどう使っていくかを考え、子供に教えるかが重要であるかという事が掛かれていました。

私自身に子供はいないのですが、この記事は考えさせられたのでブログに掲載しました。

番号ポータビリティー(持ち運び)制度
以前にも、少し書いた携帯番号を他キャリアに引き継ぐことが可能な「番号ポータビリティー(持ち運び)制度」が来年10月導入される見通しになったようです。
キャリアは変えたいけど、仕事の都合で番号を変えることが出来ない。そう言った人には、いいチャンスかもしれません。
また、仕事では使ってないけど長年使ってきた番号の変更を通知するのが面倒(←アタシσ(゜-^*)です)、といった人にも朗報かも。
この制度が導入されることで、同一キャリアの機種変更に縛られることなく自由に選べれる事になるのでユーザーからすれば、ありがたい制度ですが各キャリアにとっては、自キャリアからの客離れを防ぐものが一つ減るわけですから、料金、サービスを向上させないと現行の市場を維持することすら困難になるでしょう。
しかし、キャリア側は大変そうですけどね。

携帯電話の番号持ち運び制度、来年10月導入へ
Copyright © きまぐれ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。