FF11をメインに、色々書く予定

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめ書き
え~と、2週間以上放置してました。
あえて言い訳をするなら、PCの前にいる時間が極端に少なくなりブログの更新が滞ってました。
FFへインする時間は変わってないんですけどね。

ダイジェストで、ここ2週間の報告を

・金策(いつもの事)
・暗黒Lv72にUp
・両手剣のWSクエストを受けた
・彫金のスキル上げ(現在値:16)
・オフ会

暗黒がLv72になり、両手剣スキルが250を超える事ができるようになったのでLSの人を拉致り、スキル上げに。
両手剣スキルが250を超えてグラウンドストライクが受けれるようになり、潜在落しを頑張っている途中です。
金策用に掘って出てくる亜鉛鉱をブラスインゴットにし、ひたすら彫金を上げていました。
最大のイベントは3/30に行ったオフ会。
メンバーの1人が就職活動で、東京に行くということで関東メンバーが参加。
総勢13名と、結構人が集まり、FFの話で大盛り上がり。
いや、楽しかった。
関東圏に住んでいない私は、それなりの出費がありましたが楽しかった。

今後はもう少しマメに更新しようと思います。
オフ会で、突っ込まれたし(ぼそ
スポンサーサイト

鍛治スキル上げ
FFは、白が75になった事で、一段落したので再び合成に走ってるくろうです。
なかば、合成メモとなっている気がしないでも無いですが、それは無視すると言う事で。

現在上げているのは鍛治、炎クリを使うのでお金が飛んでいきます。
鍛治スキル11くらいの時は、暗闇の鏃や溶解の鏃を作ってサブスキルとしての鍛治を上げて13に。
スキル13からティンインゴット(鍛15[炎]スズ石*4)を作って14までスキルを上げる。
上限近くなってきた所で、上級スキルをつけてアイアンインゴット(鍛20[炎]鉄鉱*4)を作り始めたものの鉄鉱×4をそろえるのが大変だったので、鍛治ギルドで鉄鉱を購入してひたすら上げる。
スキル19くらいまで上がった所で作成していたアイアンインゴットをアイアン板(鍛22[炎]アイアンインゴット)にしてスキルを21くらいまで上げる。
そのあとはアイアン板をアイアンの小札(鍛26[風]アイアン板)にして現在スキル25まで上げた。
しかし、ここまでに30万近く飛んだかな・・・やっぱり素材が集めにくい鉄鉱がネックだ。
しばらくは金策モードかな。

週末FF
実家で生活してはや1週間。
なにかとやる事があり、1日ぼぉ~とする事が出来ないくろうです。

FFの週末まとめ、折り込みに書いておきます。

つづきを表示

AA戦
有給消化中でも、FFにインする時間があまり変わらないくろうです。
火曜、水曜と突発的にAA戦に参加する事になり、逝ってきました。

攻略順は、AATT、AAMR、AAGK、AAEV、AAHMで5戦した感想としてAAEVが一番強かったかなという印象でした。
火曜はAATT、AAMR、AAGK、AAEVと戦闘し、AAEVが突破できず翌日に続きをやる事で解散。
この時の構成は、ナ戦シ赤召白。
水曜は、AAEV、AAHMと戦闘し、無事AA戦終了。
この時の構成は、忍ナ戦赤召白。

敵の特徴と、解説は折り込みに。

つづきを表示

ARIA セカンド・ステージ
ARIAのセカンド・シーズンの情報が2006年4月からスタートするようです。
テレビ東京、日曜の深夜25:00~
テレビ大阪、火曜の深夜26:05~
テレビ愛知、火曜の深夜26:28~
と、情報が上がって来てます。

1stシーズンは、ほぼ原作と同じ内容で一部オリジナルが入ってた。
けど、セカンド・シーズンはどんな感じになるのか、楽しみです。
1stシーズンを見逃した人も楽しめる内容だといいなと思います。

ARIA セカンド・シーズンのホームページはこちら。
ARIA セカンドシーズン

一段落
自分の環境を変えてみました。
リアルが一段落し、ようやく落ち着いたので久しぶりにブログ更新。
まぁ、もってまわった言い方をしても仕方ないのですが、ぶっちゃけ退職した。と言う事。
3月末までは現在の会社に所属する事にはなるんですけどね。
現在、有給消化中。
原因は自分の事もあるんだけど、会社がどこに向かってどう行こうとしているのかがまったく見えない。
流されるがまま時間が過ぎ、万が一の時に「あの時に、こうしておけばよかった」と、後悔したくない。
同じ後悔をするなら自分が納得できる形にしたかった。
地元に戻り、新しい職を探さねば。
その前に、リフレッシュかな。
Copyright © きまぐれ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。