FF11をメインに、色々書く予定

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AA戦
有給消化中でも、FFにインする時間があまり変わらないくろうです。
火曜、水曜と突発的にAA戦に参加する事になり、逝ってきました。

攻略順は、AATT、AAMR、AAGK、AAEV、AAHMで5戦した感想としてAAEVが一番強かったかなという印象でした。
火曜はAATT、AAMR、AAGK、AAEVと戦闘し、AAEVが突破できず翌日に続きをやる事で解散。
この時の構成は、ナ戦シ赤召白。
水曜は、AAEV、AAHMと戦闘し、無事AA戦終了。
この時の構成は、忍ナ戦赤召白。

敵の特徴と、解説は折り込みに。

白で参加したので前衛の被ダメなどは、ちょっと不明。

[Ark Angel TT(黒/暗)]
<アビ>
 ブラッドウェポン / 魔力の泉
<WS>
 ギロティン / スピニングサイス
<黒魔法>
 アスピル / アブゾイン / アブゾカリス
 エアロII / サンダーIV / ストーンII
 バイオIII / ブリザドIV / ブレイズスパイク
 ポイズン
<範囲技>
 アモンドライブ[被対象中心の範囲・ダメージ有・石化・麻痺]

タルタルはワープしてくるので、前衛は捕まえるのが大変みたい。
召喚がいたので、フェンリルを張り付かせて削りつつ、後衛も円形の舞台上を駆け回っていました。
ただ、ワープが厄介なのでアモンドライブを喰らう可能性も0では無い。
AA5戦士の中では最弱だと思われる。

[Ark Angel MR(獣/シ)]
<アビ>
 絶対回避 / 使い魔
 よびだす[Mandoragora系 or Tiger系]
<WS>
 カラミティ / ランページ
<範囲技>
 ハボックスパイラル[範囲・ダメージ有・睡眠・ヘヴィ]

アビの絶対回避、魅了が厄介。
魅了はかかった人を寝かせれば問題ないのですが、範囲技のハボックスパイラルで寝たのか魅了された事で仲間に眠らされているのかが判りにくいのが難。
基本的に、ペットは寝かせておけば問題ないと思われる。
絶対回避などが地味に面倒だが、それ程脅威になるような敵では無いと思われる。

[Ark Angel GK(侍/竜)]
<アビ>
 コールワイバーン / 明鏡止水×∞
<WS>
 七之太刀・雪風 / 八之太刀・月光
 九之太刀・花車
<範囲技>
 亢竜天鎚落[範囲・ダメージ有・暗闇・バインド]

AAMRと同じく、小竜は寝かせ放置で対応。
厄介なのは、明鏡止水を連発する所でした・・・1人連携されちゃうから。
AAGKは範囲技で足止めされるので、捕まると大変でした。

[Ark Angel EV(ナ/白)]
<アビ>
 インビンシブル / 女神の祝福
<WS>
 スピリッツウィズイン
 ボーパルブレード
<白魔法>
 アクアベール / ケアルV / サイレス
 シェルIV / ストンスキン / スロウ
 ディアII / ディアガII / バニシュIII
 バニシュガIII / パライズ / ブライナ
 フラッシュ / ブリンク / プロテスIV
 ヘイスト / ホーリー
<範囲技>
シールドストライク[前方範囲・ダメージ有・スタン]
ドミニオンスラッシュ[被対象中心の範囲・ダメージ有・静寂]

火曜の段階で数回敗退しました。
なんと言っても、スピリッツウィズインが厄介です。
一番厄介なのがシールドストライク>スピリッツウィズインと言うコンボ。
シールドストライクのスタンは100%発動で、足を止められたところにスピリッツウィズインをHPが完全な状態で喰らうと3000ダメとかとんでもないダメージを叩き出してきます。
白魔法も使えるので、HPが回復したりと長期戦を覚悟しないといけない相手です。
黒×6とか言う極端な構成でもない限り、厳しいと思います。
前衛、後衛共にやまびこ薬は必須、長期戦のためMPは枯渇するため回復するための薬品、ジュースなどはあった方が良いと思います。
クリアした時の構成は、忍ナ戦赤召白。
削りは、召喚のフェンリルを張り付かせ、履行で噛み噛み。
するとタゲは、フェンリルに向くので、その間に回復などをするために、私は駆け回る。
しばらくすると、フェンリルは倒されるので再召喚の時間を稼ぐために戦忍が挑発でタゲを維持する。
MPを座って回復とかしている間は、戦忍がマラソンをしつつナが横からチクチク攻撃。
ドミニオンスラッシュは、どうやら魔法を打ち消す効果もあるようです。
リレイズ消されました。orz
これを繰り返し、時間いっぱいいっぱいの29:59でクリア

[Ark Angel HM(忍/戦 Or 戦/忍)]
<アビ>
 微塵がくれ / マイティストライク×∞
<WS>
 サークルブレード / スウィフトブレード /
<忍術>
 空蝉の術:弐 / 暗闇の術:弐 / 呪縛の術:壱
 毒盛の術:弐 / 捕縄の術:弐
<範囲技>
 絶双十悶刃[前方範囲・ダメージ有・スタン]

蝉を貼ってくるので、剥がす必要あり。
また、微塵を最後に使ってくるので、あまり近づきすると死にます。
蝉が命を握る事になるので、ヘイストは確実にかけておかないといけません。

全体を通して、死ぬ可能性が高いのでリレイズアイテムは必須でした。
結構特殊な戦闘が続くので、経験者がいると楽かなと思います。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © きまぐれ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。