FF11をメインに、色々書く予定

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は映画に
地元に戻り、約2ヶ月。久しぶりに、映画を見に行ってきた。
見てきたのは「明日の記憶」渡辺謙が主演の映画で、若年性アルツハイマーにかかったサラリーマンと、それを支え続ける妻の話。
涙腺が弱い人は、涙拭くものが必需品かな。
今日はレディースデイだったので意外とおばちゃま方が多かった。

あらすじを、ざっと折込に。

渡辺謙演じる主人公の佐伯雅行は、妻とひとり娘を持つ普通のサラリーマン。
大きな仕事が決まりこれから忙しいと言う時期に、物忘れをするようになり妻に言われて病院で検査を受ける。
そして、検査の結果、若年性アルツハイマーと診断される。
こぼれ落ちる記憶を必死に繋ぎとめようと、日記をつけ始める。
自分の部下の顔が、取引先の場所が。いままで、あたりまえに覚えていたものが思い出せなくなる。
若年性アルツハイマーと診断されてしばらく時間が経った頃、直属の上司に病気がばれてしまい、担当先の仕事を下ろされてしまう。
必死にアルツハイマーと戦う雅行、妻の枝実子もそんな雅行を支えるために、外に働きに出る。
そして、娘の結婚が終わって希望退職で会社を辞める。
会社を辞め、孫が生まれ新しい思い出が出来ても、繋ぎとめておくことが出来ない。
そして最後には・・・

泣ける映画が好きな人にはお勧めかな。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © きまぐれ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。