FC2ブログ
FF11をメインに、色々書く予定

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の魔法
「低タールタバコ」ならいいの?

こんなタイトルの記事を発見。
読み進めていくと「へぇ~」と言うことがあったのでネタに。
1番感心したのはタールが10分の1でも、発がん物質も10分の1とは限らないと言うことです。
タールが減った=健康への悪影響が少ないと言う印象を与えてしまう。
確かにタールが及ぼす健康への影響が少なくなる可能性があるだけで、発がん物質が及ぼす健康への影響についてはなんら語られていない。
言葉の魔法ですね。
しかし「タールの量については語られても、発がん物質の量については語られていない。」と言うことに気付いている人はほとんどいないのではないでしょうか?
かくいう私も、喫煙する人ではないので余り関心は無かったのですが、確かに言われてみれば・・・と言う感じです。
タールの量は専用の機械が測定しているだけで、低タールタバコに変えた人間が起こす行動まで再現しているわけではない。
タバコをやめられない人は、血中のニコチン濃度を一定に保つために喫煙行動を起こすらしい。
つまり、低タール低ニコチンのタバコに変えると、以前と同じタバコの吸い方では従来の満足感が得られない事になり、結果タバコを吸う本数が増えたり肺に長く煙をとどめるという行動を取るようです。
煙を深く吸い込むと、煙に含まれる物質も肺の奥に運ばれ沈着してしまうことになり、末梢の肺腺がんになる確率が上昇することに。
健康への悪影響が少ないから、と低タールタバコに変えた結果、吸う本数が増えたり末梢の肺腺がんになる可能性が上がったのでは本末転倒になるように思います。
リンク先のサイトにも書かれていましたが、「低タール低ニコチンたばこ、軽いたばこという印象により、たばこに対する抵抗感が減る」これも、言葉の魔法ですね。
タバコ会社の言葉の魔法に惑わされず、きちんと考えないとと思った記事でした。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © きまぐれ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。